鍵穴にいたずらされたら?専門家に見てもらい相談しましょう

鍵を開こうとすると開くことができないような鍵穴の問題に遭遇したことがありますか?

明らかに、手によって実行される悪意のあるいたずらは不愉快であり、犯罪者が見つからなければ、その期間中に修理費を負担しなければならないので、厄介なものになるでしょう。

実際には頻繁に起こっているし、それはまたかなりの問題である、容認できない鍵穴のいたずら。

鍵穴でいたずらに遭遇した人が、鍵穴でいたずらしないので、再び悲劇にならないように、適切な措置を講じましょう。

鍵穴のいたずらが頻繁に起こる

キーホールのようなキーホールのキーリングは、毎年毎年鍵穴の接着剤やピンで塞がれる傾向があることは否定できない。

鍵穴には鍵がかかっているなどの被害は多いが、鍵自体が破壊されるなどの被害もある。

家の鍵を犯罪から守るためには、鍵穴のいたずらをして、落ち着いて対処し、必要に応じて修理業者に尋ねることが重要です。

鍵穴のいたずらの場合

キーホールのいたずらの種類は、キーの中に何かが詰まっているだけでなく、キーボディが壊れているなどの場合があります。

鍵穴に実際にいたずらがあるいたずらをご紹介します。

接着剤などを使用したいたずら

鍵穴の内部が接着剤などで塞がれている場合があります

この手の接着剤のいたずらは非常に厄介であり、鍵穴にいったん固まると取り出しにくくなります。

ガムなどでキーホールを詰める

鍵穴がゴムなどで閉じられている場合がある。

ガムが噛むと、硬くなり、一度セットすると取り除くのに苦労します。

特にあなたが鍵穴に詰め込まれたとき、それを自分で持ちこうとすると、内部にガムが残っているなどの不快感を感じます。

はさみで鍵穴を閉め、壊してください

ハサミやドライバーの中には、細くて鋭いものがあり、キーホールに挿入しやすい形状のキーホール形状に配置する例もあります。

特にハサミや運転手は鍵穴を塞ぐだけでなく、鍵穴自体を壊す。

あなたがこだわっていて、それを取ることができないなら、それを取らないようにしてください。

二次的な損傷の可能性もあります。

鍵穴のいたずらに対処するための対策

警察を呼ぶ

キーホールでいたずらするなら警察に電話しましょう。

「近所が不安だから警察に電話したくない…」と思う人もいます。

しかし、鍵穴を使用できなくすることは、コンテナの破損などの犯罪です。

警察に電話する正当な理由があるので、勇気を持って警察と話し合ってみましょう。特にガムなどは、加害者自身が捕まえる可能性が高いため、可能な限りきれいに警察に提出できる証拠を保存してください。

コールキー修理サービス

鍵穴が閉じている場合は、自分で取り外しできない場合は、すぐに主要修理店に電話してみましょう。

特に接着剤は硬化するだけでなく、取るのが難しいだけでなく、たとえそれに材料を入れることができたとしても、残骸や残留物が干渉し、鍵穴がうまくうまくいかないことが多い。

鍵穴が破損した場合は、直ちに修理係に連絡しましょう。

鍵穴に邪魔されないよう予防措置を講じる

簡単に、鍵穴にいたずらない予防措置も導入します。

シャッターキーを接続する

鍵穴のいたずらに対処する1つの方法は、「シャッターキー」を取り付けることです。

シャッターキーは、キーホールをいたずら等から守るカバーのようなもので、自転車にも動力で取り付けられることが多い。

エントランスのシャッターキーも販売されているので、鍵穴を保護したい人にとって効果的な対策となる可能性があります。

セキュリティカメラを接続する

玄関に録画できる防犯カメラを取り付けましょう。

万が一、入り口に鍵を掛けるなどして鍵が壊れてしまった場合でも、犯罪者の出現が反映されることが多く、できるだけ早く犯人を摘発する可能性があります。

また、警察に提出できる証拠となります。

「あなたを逮捕する手助けをするにはどうすればよいですか?警察から監視カメラの画像を要求するときはどうしたらいいでしょうか」と、監視カメラ画像の取り扱いを紹介しています。

必ず確認してください。

鍵穴を誤読するときの修理費用の見積もりは何ですか?

鍵穴でいたずらに遭遇した場合、鍵穴自体は多くの場合使用できず、しばしば置き換えられることがよくあります。

悪意のある状態などによって通常のキーを交換して取り付けすることで約1万円かかると言われています。

それが高価な鍵になると、価格が大きく変動する可能性があります。

修理の内容は当時の被害状況と司令官の修理によって決定されるため、より正確に価格を知りたい場合は、自宅のどのタイプのキーであるかを事前に把握しておきましょう。

いたずら等した後、しゃれているのでゆっくりと調べることができないことが多いです。

それは、早期の行動や早期の行動をスムーズに処理する方法だけでなく、保存する方法の1つです。

まとめ

私は鍵穴にいたずらを導入してきましたが、どうでしたか?

鍵穴のいたずらが鍵穴を壊して、気分が悪くなる。

起こっていないことが一番ですが、いたずらが起こらないことを望むだけで現実的ではなく、現状は変わりません。

「私は鍵穴のいたずらを確実にブロックします!」など、各世帯の強い意志、注意深い態度、対処すべきリスクを減らすことが重要です。
キーホールのいたずらではありません。

思う。

関連記事

ページの先頭へ