車の鍵トラブル原因5選!対処方法を知って賢く解決!

車は人の足よりも離れた場所に行くことができるので、自動車が開発され、多くの人々にとって交通手段として人気があります。

私たちの人生の一部であるような車ですが、エンジンキーが回らず車が突然動かないなどの不具合が発生する可能性があります。

車を移動しないと、輸送手段として生活する人々にとって日常生活にとって大きな障害となります。

このコラムでは、車を使用して起こる可能性のある車のキーが回らない理由とその対処方法を紹介します。

車のキーが回らない!

考えられる原因は何ですか?

車のキーを回さないと、以下の原因が考えられます。

それが次に引用された原因であるかどうかを調べてみましょう。

[原因1]ハンドロック

ハンドルロックは、自動車の盗難防止のためにキーを外した状態でハンドルを回転させようとしたときにハンドルをロックするときにハンドルがロックするのを防止する機能です。

このハンドルロックが発生すると、車のキーが回転しないことがありますので、キーを抜いた後にできるだけ車のハンドルに触れないように注意してください。

[原因2]ギアモード

ギヤモードが指定された場所に正しくないことがハンドルロックと同じくらい、車のキーが回らない。

自動車が停止しているときは、AT車をP(駐車場)に入れ、MT車をN(中立)にする必要がありますが、キーを指定のギアに入れずに回転しようとすると、
キーが回らない

します。

キーが回らない場合、このギアは正しい位置にありますか?

そうでない場合は、ギアを正しい位置に置き、もう一度キーを回してみてください。

【原因3】電池残量アップ

車の移動には車のバッテリーが必要ですが、バッテリーが上がっている場合はキーを回すことはできません。

車のキーが回らない場合は、このバッテリーを確認してください。

おそらく、バッテリーが上がっています。

【原因4】フットブレーキ/クラッチペダル

近年、急発進を防止するためのシステムとして、フットブレーキを踏んだ状態でキーを回しなければ、エンジンに付属していない仕様車が増えています。

たぶん、あなたが使用している車の仕様ではうまくいかないかもしれないので、フットブレーキを踏んだままでキーを回してみてはいかがですか?

また、MT車に限られますが、「クラッチ・スタート・システム」を装備した車種では、踏みながらクラッチ・ペダルから離れるまではキーが回らない場合があります。

MT車に乗っているなら、これも試してみてください。

【原因5】キーによる原因

4つの原因のいずれにも該当しない場合は、キー自体に問題がある可能性があります。

キー自体にはさまざまな問題がありますが、一例として、車自体のキーは異なります。

あなたが何年も使用してきたことが考えられ、鍵のシャフト部分が削られています。

そのような場合は、状況に対処して解決しましょう。

エンジンのキーがバッテリーをオンにしないとき何をする

ところで、第1章では、車のキーが回らない理由を中心に説明しましたが、この章の原因に基づく対策を見ていきましょう。

まず、エンジンキーがバッテリーで回らなくなったときです。

このバッテリを持ち上げる場合の対処は、バッテリ自体を管理する必要があります。

その対策は以下の通りです。

ロードサービスを呼び出す

バッテリーの交換や目的地などの充電にすぐに反応できない場所にいるときは、最善の方法は、ロードサービスに電話することです。

道路サービスは、交通事故以外の車のトラブルに対応したサービスであり、ご連絡いただくと、道路サービスのスタッフがやってきます。

また、バッテリーが上がって車のキーが回らないというトラブルも解決します。

ただし、道路サービスが対応していない場所では使用できません。費用がかかりますので、それに基づいて負荷サービスをご利用ください。

バッテリーは健全な車を求めて助けを求める

消耗したバッテリを回収するための救済方法として、エネルギーカーのバッテリを使用する「ジャンプスタート」と呼ばれる方法があります。

この方法では、バッテリの健全なバッテリと、バッテリを接続するブースタケーブルというケーブルが必要です。

これをバッテリーに接続すると、バッテリーが一杯になった車にエンジンを吊るすと、一時的にバッテリーのエネルギーが回復します。

ジャンプスターターを使用する

私が先に紹介したバッテリーのエネルギーを取り戻すにはどうすればいいですか?

実際にこの方法は、安い車のバッテリーを使用しない場合でも、ジャンプスターターと呼ばれる充電器を使用すると、サポートを呼びかけることなく自分の車のトラブルを解決することができます。

バッテリーを交換する

交換用のバッテリーがある場合は、それを交換する手段にもなります。

しかし、バッテリーを交換するためのツールとそれを交換するための技術が必要です。

車の内容は非常に繊細なので、不必要に知識を持たないアマチュアが指差しをすると、火災、爆発、怪我、損傷の恐れがあります。

バッテリーを安全に交換できるかどうか自信がない場合は、道路サービスなどを使用する方が良いでしょう。

ハンドルロックでエンジンキーが回らない場合の対処方法

ハンドルキーでエンジンキーが回らない場合次のような対策をしましょう。

ハンドルを左右に回しながら回転させる

ハンドルロックが適用され、エンジンキーが回らない場合は、どちらか片方のハンドルを回しながらエンジンキーを回します。

ハンドルとエンジンキーを同時に回してハンドルロックのロックを解除できるように見えるので、ロックされているときには慌てないでください。

エンジンキーがスイッチのとき

最近の自動車には、しばしばスマートエントリー&スタートシステムが装備されています。

鍵を持っていなくてもキーを回す必要がなくても、エンジン始動スイッチを押すだけでエンジンが取り付けられる便利な機能になります。

この車に乗っている場合は、シフトレバーがPであることを確認し、ハンドルを左右に動かしながらエンジンスイッチを押してください。

ハンドルロックは車の盗難防止の仕様です。

それは決して故障ではないので、私が今導入したハンドルロックを解除する方法を慌てて試してはいけません。

車のキーが壊れてエンジンキーが回らない場合の対処方法

車自体のキーが壊れてエンジンキーが回らない場合は、スペアキーの使用、キーの交換、修理が必要です。

初期の車は鍵の鍵を作ることで簡単に問題を解決することができますが、最近の車は安全性が高く、簡単に予備の鍵を簡単に作ることはできません。

車のキーが切れると、ディーラーや車のキーであるキースペシャリストの修理や交換を依頼してください。

キーを交換するか車の車のキーを修理するか、車のモデルやメーカーを修理するかによってコストが変わるので、原価を把握してから要請してください。

リモコンキーのコスト

リモコンキーが誤動作してエンジンが詰まることがなければ、リモコンキーには電池がありません。

リモコンキー交換のコストは通常​​15,000円〜30,000円です。

しかし、高性能なリモコンキーになっても交換するには8万円以上かかることがあるようです。

修理費は内容によって異なりますが、約1万円から5万円の間で契約が行われているところが多いようです。

修理が交換よりも安ければ、使い慣れたリモコンを修理して使用することをお勧めします。

しかし、修理費が高価な場合、交換した人は問題を迅速に解決できるかもしれません。

伝統的なキー費用

キーレス無しのシリンダータイプの場合は数千円程度で安く交換できますが、特殊タイプのキーなら1万円以上のコストがかかると考えることができます。

修理コストだけでなく、伝統的なキーはキーレス、存在しないもの、特殊なもの、特別な構造のキーなどがコストに差をつけます。

ノーマルタイプのキーレスキーの修理費は1,000円以下で修理が可能です。

まとめ

車は便利ですが、内容物の機械は繊細なので、何かを失ったため動かず、車のトラブルを引き起こします。

車を日常生活の一部にする人のように、車のキーが回らないと、「問題をすばやく解決しなければならない」というパニックが起こります。

しかし、このような車のキーが回転しなくても、今度紹介されたトラブルの原因を確認して、静かに解決方法を実行すれば、速やかに問題を解決することができます。

快適な車の生活を送るためには、普通の車についても少し知っておくことも重要です。

関連記事

ページの先頭へ